カードローンのメリット・デメリット

カードローンエキスパート~お薦めカードローンを徹底解説!~

カードローンは危険なの?メリット・デメリットを詳しく解説

最近ではテレビCMやインターネットサイト上でカードローン商品の広告を目にする機会が増えてきました。

その影響もあり、カードローンを利用する方も年々増加傾向にあります。

カードローンの利用を検討している方の中には、お金を借りることに対して不安を感じる方も存在します。

今回はカードローン商品におけるメリット・デメリットを紹介しながら、わかりやすく特徴を解説していこうと思います。

初めてカードローンを利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。


カードローンのメリット・デメリット




カードローンのメリット


カードローンを利用する際の主なメリットは下記のとおりです。

  • 利用限度額の範囲内で自由に借入ができる
  • 資金の使いみちが自由
  • 担保・保証人が不要


利用限度額の範囲内で自由に借入ができる
カードローンの専用カードを利用して利用限度額の範囲内であれば何度でも自由に借入をすることができます。

その他のローン商品のように借入をする度に審査を受ける必要がありません。


資金の使いみちが自由
カードローンを利用して借りたお金を自由に利用することができます(※事業性資金は除く)。

ショッピングや飲み代、デート代、旅行資金、資格スクール資金など、さまざまな用途に使うことができます。


担保・保証人が不要
一般的なローン商品の場合は申し込む際に担保や保証人などが必要になりますが、カードローンの申し込みでは担保・保証人は不要です。

各貸金業者が設定した審査基準をクリアすれば融資を受けることができます。




カードローンのデメリット


カードローンの利用におけるデメリットは下記のとおりです。

  • 自分のお金だと錯覚してしまう
  • 金利が高い


自分のお金だと錯覚してしまう
利用限度額の範囲内であれば自由にお金を借りることができるため、その借入をしたお金が自分の銀行口座から引き落としたお金だと錯覚してしまう恐れがあります。

特にカードローンを頻繁に利用している方がこのような感覚を抱く傾向が強いです。感覚的にはクレジットカードを使いすぎてしまう心理と似ていますね。


金利が高い
住宅ローンや自動車ローンなど、その他のローン商品と比較すると金利が高く設定されています。

そのため、長期に渡って返済していくことでトータルの返済金額が高額になってしまいます。


カードローンのメリット・デメリット



賢くカードローンを利用しよう


賢くカードローンを利用するためには上記のデメリットで紹介した項目に注意することが何よりも大切となります。

本当にお金を借りる必要があるかどうかを確認


まず「自分のお金だと錯覚してしまう」という項目に関してですが、やはりお金を借りる際は本当にお金を借りる必要があるかどうかを再チェックするようにしましょう。

例えば海外ブランドの時計が欲しい場合は、全額をカードローンで支払うのではなく、ある程度の金額を貯めてから不足金額を借りるなどの工夫をすることを心がけてください。

また、欲しいものがあった場合には衝動的に購入するのではなく、本当にその商品が必要かどうかを再確認するようにしてください。

できれば1~3ヶ月くらい我慢して、それでもその商品が欲しいと思うことができれば購入するようにすると、必要以上の金額を借りてしまうことはなくなると思います。


できる限り早期に完済しよう


「金利が高い」という項目に関しては、できる限り早期に完済することによって解決することができます。

返済期間が長期化すればするほど金利の負担が重くなってきます。逆に返済期間が短ければ短いほど金利負担を軽減することが可能となります。

そこでお薦めするのが繰上返済の利用です。毎月の約定返済だけでなく積極的に繰上返済を利用することで早期に完済することが可能になります。

あまり出費をする予定がない月やボーナスなどの臨時収入がある月にはぜひ繰上返済を実施して金利負担を抑える努力をしてください。





まとめ


メリットの項目で紹介しているように、カードローンは他のローン商品と比較しても使い勝手のよい便利なローン商品として人気があります。

急にお金が必要になった時などにコンビニATMで簡単にお金を借りられるなど、使い方や利用方法を間違いなければ非常に頼りになります。

お金を借りる際はゆとりをもって返済できるかどうかを確認してから借りるようにしたり、借入を少額に抑えるなどの工夫をしながらカードローンを利用するようにしましょう^^





おすすめカードローン おすすめカードローン


     
どのカードローンを申し込めばよいのか迷っているなら、「ランキングページ」を参考にしてください。

当サイト『カードローンエキスパート』が独自調査を行い、ランキング形式でまとめています。

下記のボタンからランキングページに移行できます^^




 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー